書籍

◎ 「いまさら他人に聞けない! 図解でわかるAI いちばん最初に読む本」 著者:佐々裕一 2024年6月13日発売予定(予約販売中)

Amazon.co.jp: いまさら他人に聞けない! 図解でわかるAI いちばん最初に読む本 : 佐々 裕一: 本

 AIの和訳は「人工知能」ですが、人工知能は第1次ブーム(1960年代)、第2次ブーム(1980年代)、そしてAIという言葉が一般的になった第3次ブーム(2000~10年代)を経て、ChatGPTなどの生成AIが登場した2022年以降には第4次ブームが到来しています。いまや「AI」「生成AI」「ChatGPT」という言葉を見聞きしない日はないといっていいくらい話題となっていますが、その内容や活用法については “実はわかっていないけど、いまさら他人には聞きづらい…”という人も多いものです。
 そこで本書がおさらいの意味でAIの基礎知識や技術についてやさしく解説するとともに、生成AIでできることのすべてや、多くの場面で活用されているChatGPTのしくみと実践例を、図解を交えて具体的に手ほどきします。理系の知識などまったくないという人でもやさしく理解できる入門実用書です。

【本書の構成】
1章 ◎ これだけは知っておきたいAIの基礎知識
2章 ◎ AIの応用例にはどんなものがあるか
3章 ◎ AIの将来性と課題・リスクとは
4章 ◎ AIの基本技術を理解しておこう
5章 ◎ 生成AIで何ができるのか
6章 ◎ ChatGPT の活用のしかた
7章 ◎ AIによる社会・ビジネスへの影響を知っておこう
8章 ◎ 進化するAIと未来社会を予測すると